iPhone文字入力の設定を見直そう

0
    JUGEMテーマ:iphone 

    先日、

    6名の女性iPhoneユーザーが集まってくださいまして、

    「iPhone 基礎&応用セミナー」を開催させていただきました。


    そこで分かったのが、

    ほとんどのユーザーが設定などいじらず(というよりはいじれず)に

    iPhoneが使いにくいと思われている方が多かったこと。


    そこで、

    iPhoneの設定を改めて見直していこうかと思います。


    今回はiPhoneの中でも特に使用頻度が多い「文字入力」についてです。


    文字入力の設定は、

    「設定」⇒「一般」⇒「キーボード」です。

    iPhoneキーボードの設定

    一番上から、


    『自動大文字入力』

    これがONになっていると、

    英語のアルファベットの入力時、

    最初の一文字目に「Caps Lock」が自動ONになります。

    つまり一文字目が大文字になってしまうということです。

    いつもこれが煩わしかった方は、

    ここをOFFにしましょう。


    『自動修正』

    これがONになっていると、

    英単語入力時に、

    ふさわしい英語に自動的に置き換えが行われます。

    ケアレスミスの入力なら便利な機能なのですが、

    独自の機種名などを入力していても勝手に変更されてしまうので、

    煩わしく思う方は多いはず。

    OFFがオススメです。


    『スペルチェック』

    その名の通り、

    単語の打ち間違いを赤線で教えてくれる機能。

    必要に応じてON・OFFを決めれば良いと思います。


    『Caps Lockの使用』

    「Caps Lock」(キーボードの「123」の上にある「↑」の矢印)

    を押しっぱなしにする機能。

    連続で大文字を入力する際に便利な機能。

    使い方は「↑」を2回連続で押す。

    この方法はネットでよく裏技的に紹介されていますが、

    何回やっても成功しなかった方は、

    ここがOFFになっているのが原因です。

    ONで良いと思います。


    『ピリオドの簡易入力』

    英単語を入力後、

    「スペース」を2回連続で押すと、

    「.」(ピリオド)を入力してくれる設定。

    ただし、

    空白も1文字分入力されるので、

    メルアドの入力時などに便利かと思えば、

    そうでも無かったりする。

    特に足を引っ張らないのでONでもOKかと。


    以上がキーボードに関する設定です。

    今一度、

    見直してみて下さいね!

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

         

    Google ADsense

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

            

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...